5/27 時こくと時間1 〜3年生〜

提出してもらった臨時休業中の算数の課題を確認している中で、再度ご家庭で確認してもらいたいポイントを、お知らせします。(学校再開後に、学校でも指導します。)

確認してもらいたいポイントは、時こくと時間の学習に関することです。

教科書24ページに

「学校を午前8時50分に出発して、30分間歩いて公園に着きました。公園に着いた時こくは、何時何分ですか。」

という問題があります。

数の線(数直線)にして考えることが、3年生で身に付けたいことなのですが、今回お知らせするポイントは、この学習の前に、確実に身に付けておいてほしい考え方です。


それでは、本題に入ります。

もし、問題の「出発時刻が午前8時10分」であれば、そんなに難しくないですね。

10分に30分をたして、40分。

公園に着いた時刻は午前8時40分

と簡単に計算することができます。


今回の問題の難しさは、分どうしをたすと

50分に30分をたすと、80分になることです。

「午前8時80分」という時こくが存在しないから難しいのです。


計算をメインにして考えるのであれば、80分=1時間20分

1時間なので、8時に1時間たして9時。

残りの20分とあわせて、午前9時20分となります。

ただ、このような計算をスムーズに行えるようになるためには、その前に

“時こくと時間の基礎となる考え方”

を身に付けていなければ難しいです。


長くなりましたが、今回ご家庭で再度確認していただきたいポイントはこちら

“何分たつと、○時ちょうどかな?(○時ちょうどまで、あと何分かな?)”

という考え方です。


この考え方をもとに、今回の問題に取り組みます。

出発した時刻が午前8時50分ですから

“10分たつと午前9時ちょうど”

です。

歩いた時間は30分間なので、あと20分間歩きます。

ここまで分かれば、もう簡単ですね。

午前9時から、20分間歩くので

答えは午前9時20分です。

私たち大人も、このように考えることが多いと思います。

このように考えることができるから、時間の計算をして、時こくをもとめることができるのです。

それでは、この考え方を使ってもう一問チャレンジしましょう。

<新たな記事「時こくと時間2」へ>
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ

学校便り

保健便り

給食便り

HP掲載資料

国府津小学校グランドデザイン

第1学年学年だより

第3学年学年だより

第5学年学年だより

ワークシート