令和3年度の合言葉も、「ひびき合う 三の丸の子どもたち」です。

春の生き物 夏鳥の休けい場所

画像1 画像1
〔3・4年理科〕バードウィーク
 三の丸小の学区には、海、お堀(ほり)などの水辺、たけの高い草むら、小田原城周辺のちょっとした森林、小鳥たちにとっては崖(がけ)のようなビル群がなどあり、様々な自然が残されています。いつも出会えるわけではありませんが、ちょっとひと休みをするにはいい場所です。

 先日は、小田原城の森でキビタキが2日ほどお休みしていきました。夏鳥であるキビタキは南の国からやってきて、このあと箱根のほうに行ったのかもしれません。

 聞きなれない鳴き声が聞こえてきたら、あたりを見回してみましょう。
 すてきな出会いが待っているかもしれません。

月と太陽 5/12の月(火)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
〔6年理科〕
写真1 0時20分ころの月。南東の空。

写真2 3時30分ころの月。南の空。

写真3 3時30分。半月ほど前は金星と一緒だった月が、木星・土星に接近してきました。月の左にあるのが木星、さらに左が土星です。今夜さらに接近します。観察のチャンスは明け方です。 

月と太陽 5/11の月(月)

画像1 画像1
〔6年理科〕
6時00分ころの月。南西の空。

春の生き物 巣(す)の材料はどこから

画像1 画像1
〔3・4年理科〕バードウィーク
 学校の向かいの木で子育て中のアオサギが、巣の材料を運んでいます。巣がせまくなって.しまったのでしょうか。さて、材料はいったいどこから運んでくるのでしょう。

 アオサギの行動をよく観察しているうちに、とてもすてきな広場が見つかりました。青橋のほうからお城へ向かうとちゅうに、きれいな草むらが広がっています。何年か前まで駐車場(ちゅうしゃじょう)だったところと言えば伝わるでしょうか。そこには、巣の材料がたくさんありそうです。
 上手にくちばしでくわえて、学校のほうへ飛んでいくアオサギの姿が何度も見られました。

画像2 画像2

春の生き物 シジュウカラの子育て

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
〔3・4年理科〕
 若葉がしげるようになると、その葉をエサにする虫の幼虫たちがたくさん出てきます。それに合わせるようにして、鳥たちの子育てもいそがしくなってきました。普段は草の実を食べるような鳥でも、動物性のエサの方が、栄養価(えいようか)が高く、食べやすいからです。
 今はそんな季節、5月10日からはバードウィークです。

写真1 まだ黄色い口をしたシジュウカラの子がエサをねだっています。
写真2 親鳥からイモムシをもらうことが出来ました。
写真3 兄弟でまっているので、親鳥はおおいそがしです。

月と太陽 5/8の月(金)

画像1 画像1
〔6年理科〕
22時00分ころの月。

月と太陽 5/7の月(木)

画像1 画像1
〔6年理科〕
20時00分ころの月。東南東の空。
今夜は満月です。

春の生き物 梅の実

画像1 画像1
〔3・4年理科〕
 2月下旬(げじゅん)に花を咲かせたウメの木に、たくさんの実がなり始めています。梅干しやジュースなど、いろいろなものに利用できるので、楽しみにしている人も多いでしょう。下に落ちてしまっているものもありますが、生の青い梅は食べると体によくないのでご注意を。

春の生き物 タンポポのちがい

画像1 画像1
〔3・4年理科〕
 学区のあちらこちらでタンポポを見かけます。どれも同じではなくて、セイヨウタンポポとニホンタンポポの2種類(しゅうるい)が見られます。セイヨウタンポポは総ほう(そうほう・・花をささえている部分)の外側(そとがわ)が反(そ)りかえっています。ニホンタンポポにはこの反りかえりがありません。
 セイヨウタンポポは、タネの重さがニホンタンポポの半分ほどのため、風に乗ってよく飛び、それだけいろいろな所でふえているらしいのです。でも、さがしてみると、ニホンタンポポもまだまだ見つかりますよ。

画像2 画像2

月と太陽 5/4の月(月)

画像1 画像1
〔6年理科〕
19時00分ころの月。南東の空。

下は17時00分ころの東の空
画像2 画像2

春の生き物 クスノキの花

画像1 画像1
〔3・4年理科〕
 黒門の近くにある大きな木。そのクスノキが新緑でかがやいて見えます。よく見ると小さな丸いポツポツがたくさん見えてきませんか。サクラにくらべればだいぶ地味ですが、クスノキもこれから花を咲かせようとしているところです。

 花を咲かせると実や種ができますが、クスノキはいつ頃のことになるでしょう。学校に来られるようになったら、気をつけて見てみましょう。

月と太陽 5/3の月(日)

画像1 画像1
〔6年理科〕
21時10分ころの月。昨日と同じくらいの位置か、やや東。
うすく雲がかかっています。

春の生き物 イソヒヨドリ

画像1 画像1
〔3・4年理科〕
 ビルの上などから大きなきれいな声が聞こえてきたら、多分この鳥。小田原の中心部でも、4月からせっせとラブソングを歌っていました。遠くから見ると黒っぽく見えますが、日に当たるときれいな青が目立ちます。
 そろそろ卵を育てているころで、連休が終わるころには、ヒナの巣立ちの練習する様子が見られるかもしれません。

月と太陽 5/2の月(土)

画像1 画像1
〔6年理科〕
20時30分ころの月。

はるとあそぼう カタバミのマジック

画像1 画像1
〔1・2年生活科〕
 ちいさいハートが3つに きいろいはな。まちのなかでも よくみかけます。そのはっぱや くきで 10えんだまを こすってみましょう。しるがついたところから 10えんだまが ピカピカになっていきますよ。
 カタバミにはみどりのはっぱや ちゃいろいはっぱのものがあります。もうすこしおおきくて ピンクのはなを さかせるものもありますが、みんな おなかまです。

 カタバミは、一度(いちど)根(ね)づくと絶(た)やすことが困難(こんなん)であることから「家(いえ)が絶えない」「子孫繁栄(しそんはんえい)」という意味(いみ)で、古(ふる)くから家紋(かもん)として広(ひろ)く使(つか)われてきました。
 片喰紋(かたばみもん)のほかにも、植物(しょくぶつ)を使った紋はおおいので、いろいろな家紋を調(しら)べてみるのもいいですね。

画像2 画像2

月と太陽 5/1の月(金)

画像1 画像1
〔6年理科〕

19時00分ころの月。
南の空です。

春の生き物 ヘビイチゴ

画像1 画像1
〔3・4年理科〕
 かわいらしい花や実(み)なのに、ちょっとかわいそうな名前がついています。花や葉っぱはイチゴそのものですが、実のかんじがちょっとちがいますね。名前の由来(ゆらい)はいろいろで、毒(どく)があるわけではありません。花がさいたあとに、どんな実やタネができるのか、続けて観察(かんさつ)してみるといいです。

画像2 画像2

月と太陽 4/30の月(木)

画像1 画像1
〔6年理科〕
22時00分ころの月。
上空の風が強く、画像が乱れています。
画像2 画像2

春の生き物 水色のたまご

画像1 画像1
〔3・4年理科〕
二の丸広場の大きな松の木の下に、水色の卵が落ちていることがあります。ちょうどニワトリのたまごくらいの大きさです。この木の上にはだれが住んでいるか、みなさんは知っていますね。毎年春になると、ここで子育てをするアオサギです。

名前から想像(そうぞう)すると、青いサギを連想(れんそう)してしまいますが、アオサギの体は青くありません。それは、昔の日本では白と黒の中間的な灰色(はいいろ)を青と呼んでいたからで、奈良(なら)時代にはすでにアオサギの名はあったようです。
なお、青い卵を産むのは、ほかにもムクドリなどがいて、そうめずらしい色ではありません。

さて、身近なツバメの卵は何色でしょうか。巣を見上げるだけではなく、その下も気にしてみましょう。

画像2 画像2

月と太陽 4/29の月(水)

画像1 画像1
〔6年理科〕
19時50分ころの月。
昨日の月と比べてみましょう。
画像2 画像2
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31