三の丸小学校沿革

三の丸小学校は小田原藩が1822年(文政5)に小田原城三の丸に開設された藩校「集成館」が始まりです。その後、明治の世になり学制が施行された明治5年から「日新館」「尋常高等小田原小学校」と名前をかえ、平成4年に「小田原市立本町小学校」と「小田原市立城内小学校」が合併して「小田原市立三の丸小学校」として開校しました。平成24年には開校20周年を迎えました。

三の丸変革.png


20周年記念事業についてのページはこちらです。


ありし日の城内小学校のページはこちらです。


ありし日の本町小学校のページはこちらです。

本校の沿革

三の丸小学校の歴史です
1992年4月1日 本町小学校・城内小学校両校の統合により、「城内3-10」の地に仮校舎で開校
1992年4月6日 開校式
1995年12月28日 「本町1-12-49」の地に新校舎完成
1996年1月8日 新校舎で授業開始
1996年9月18日 校庭整備工事完了
1997年4月 小田原市教育委員会より研究実践委託校を受ける(〜1999年)
1999年11月17日 公開研究会 開催(生活科・総合的な学習)
2000年4月 小田原市教育委員会より研究実践委託校を受ける(〜2001年)
2001年11月2日 公開研究会 開催(生活科・総合的な学習)
2002年4月 文部科学省より学力向上フロンティア事業委託校を受ける(〜2004年)
2002年11月1日 開校10周年記念式典挙行
2005年2月28日 公開研究会 開催(国語・算数・理科)
2006年5月19日 小田原市教育委員会より研究委託校を受ける
2008年5月30日 小田原市教育委員会より研究委託校を受ける
2010年5月26日 小田原市教育委員会より研究委託事業を受ける
2011年4月 かながわ学びづくり推進地域研究委託事業を受ける(〜2012年)
2011年5月20日 小田原市教育委員会より研究委託校を受ける