校長あいさつ

小田原市立足柄小学校長よりご挨拶申しあげます。

 足柄小学校は、開校140余年の歴史を持つ伝統ある学校です。明治6年池上の眼蔵寺に成美館として誕生し、明治24年尋常高等多古小学校、大正9年尋常高等足柄小学校等を経て、昭和22年に小田原市立足柄小学校の名称に改められました。本校は開校時より、地域に開かれ、地域に根ざした学校として、地域と共に歩んでまいりました。
 現在の足柄小学校は、「心身ともに健康で豊かな感性を持ち、たくましく生き抜く児童の育成」を学校教育目標として掲げています。子どもたちにとって「明日も学校に行きたい」と思える楽しい学校、教職員にとって「明日こそもっとわかる授業を」と思える学校、保護者・地域の方々にとって「自分たち地域の学校なんだ」と思っていただける、愛される学校づくりをめざしてまいります。
 足柄小学校の子どもたちは、みな素直で、優しく、元気です。そんな子どもたちとともに、さらによりよい学校にしていくために、めざす児童像である【ほかほか】(=人を思いやり、心温かい子)【いきいき】(=創造性豊かで、心身ともに明るくたくましい子)【どんどん】(=自ら学び、考え、判断し、行動する子)の合い言葉のもと、日々取り組んでまいります。
 保護者・地域の皆様方のより一層のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。