郷土読本「小田原」

郷土読本「小田原」

この郷土読本「小田原」は、昭和45年の「市制施行30周年」を期に刊行され、これまでも
内容について改訂を重ねてきましたが、今回中学生の皆さんが読みやすいよう、また授業等で
より活用しやすいよう大幅な改定を行いました。
 改定した郷土読本「小田原」により、次代を担う中学生の皆さんが、郷土に対する理解を深め、
さらに郷土と自分の生活との関りを見つめ直してほしい、そして自己の疑問を明らかにし、問題を
解決する中で学んだことを、学校や家庭、地域社会の中で生かしたり、小田原の将来を考える資料
として役立てたりしてほしいと思います。(「序」教育長のことばより抜粋)

郷土読本「小田原」 分割版

序章 「目次」「小田原市民憲章」…………………1〜8(PDF0.2MB) 

第1章 郷土の自然 ………………………………9〜31(PDF3.4MB) 

第2章 郷土の歴史
 「1 小田原のあけぼの」「2 古代の文化」………32〜54(PDF1.7MB) 
 「3 武士の世の中」「4 後北条氏と小田原」……55〜92(PDF2.9MB) 
 「5 藩領下の小田原」「6 近代のあゆみ」………93〜163(PDF5.9MB) 

第3章 現代と生活………………………………164〜220(PDF2.4MB) 

 「年表」「主な参考文献」…………………………222〜228(PDF0.3MB)