平成31年度 第2回自然観察会 「ツバメ観察(ツバメの観察・調査)」

第2回.png
実施済みです。

平成31年度 第2回自然観察会「活動の記録」 −ツバメの調査・観察−

P1030211.JPG
糞や雛の死骸(写真)などを見つけたら、近くに野鳥の巣があるかもしれないそうです。
P1030216.JPG
市庁舎にあるヒメアマツバメの巣を観察しました。ヒメアマツバメは、羽毛などで巣を作るそうです。
DSC_0746.JPG
調査・観察した結果は記録用紙に記入し、データを保存・蓄積していきます。
P1030242.JPG
野鳥は耳でも観察することができます。写真は、縄張り争いで鳴き合うイソヒヨドリです。
P1030237.JPG
ツルツルした新建材は巣を作りにくいそうですが、珍しく新建材に作られた巣を発見しました。
P1030232.JPG
抱卵中のツバメを見つけました。卵が均等に温まるよう時々卵を回転させていました。
P1030225.JPG
鳥の餌となる虫や植物も観察しました。写真は、外来種のシロツメクサです。
P1030245.JPG
最後に調査・観察した結果を報告し合い、4つのコースの様子を全員で共有しました。
詳しい「活動の記録」はこちら→第2回自然観察会「活動の記録」