校章

校章

「片小」の文字の周りに波しぶきをあしらっています。昭和9年に校旗が作られたときには、当時の帽章であった「片」の1文字をデザイン化したものを、波しぶきが囲んでいました。昭和57年に新校舎が落成した際、正面玄関の上に校章として根府川石で彫られ掲げられたとき、現在の校章の中心にある「片小」のデザインになったようです。そして、昭和59年に新調された校旗にあしらわれ、校章として現在に至っています。

校歌

作詞 福田正夫 ・作曲 伊藤完夫


 1. 緑かがやく 相模湾
    背負う箱根の 山裾に
    みかんはみのる 黄金色
    知恵をみがいて育ちゆく
    みんなすなおな平和の子
    明るい 片浦小学校

 2. 昔 源氏が旗上げた
    山は石橋 江之浦の
    相生松に 望みたて
    心あわせて 誓い合う
    みんな朗らか 自由の子
    はげむは 片浦小学校

 3. 流れ清らな 根府川の
    川は白糸 米神は
    名高いぶりの網どころ
    強くやさしく 健やかに
    みんな元気な光の子
    伸びゆく 片浦小学校


IMG_0584.jpg