あせらず、のんびりいきましょう…。

さよなら4月

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
新緑の季節を迎えています。緑の近くで深呼吸をすれば、たくさんの新鮮なO2が体と心に吸収されることでしょう…。「4月の最終日は笑顔で…」パンじーさんのつぶやきが聞こえてきました。

静かな朝

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
静かな朝を迎えています。同じ種類の鳥でも、その飛び方はまちまちです。お花の咲き方もそのようです。人も自分の歩幅でゆっくり歩んでいくのがいいようです。少し寂しい黄金週間ですが、何かを見つけて進みたく思います。

プールサイドの清掃

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
職員により、プールサイドの清掃が高圧洗浄機を使い行われています。近隣小川の土手改修工事により、鴨たちが例年より多く集まり、出し物が増えてしまったためです。フェンスには糸が張られ、プールの清潔感保持に努めます。さようなら鴨さんたち…。

4月27日(月)の朝

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
「こんな時だからこそ、いつもできなかったことに取り組んでみよう!」と言われますが、それがなかなかできない自分がいます。花はいつも淡々と「ただ咲いています」。淡々と生活することにも充分な価値があるのではないでしょうか…。

4月24日(金)朝の風景

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
コンクリートの隙間より、ちいさな花を咲かせる植物。小川に漂っているようで、実は泳いでいる鯉の姿…。自然の風景は人に「謙虚な姿勢で生きる」ことを教えてくれます。一週間のまとめの金曜日、「ひと言」を大切に過ごしたく思います。

晴天のテニスコート

画像1 画像1
画像2 画像2
晴天です。グラウンドの端にテニスコートがあります。休校になり、部員がボールを打てなくなってそろそろ2ヶ月経とうとしています。冬に男女ともコートのラインテープをはりかえ、春の大会に向けて頑張ろうとしていたわけですが、、、。学校再開が待ち遠しいです。

ソフトテニス部顧問一同

午後の風景より

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
心あたたまる掲示物やロッカーの上の教科書が、生徒の登校を心待ちにしています。昨年度の給食準備時間の記録も健在で、各クラスのユニークな取り組みが楽しみなところです。それまで時間はかかるかもしれませんが、明るい方向を見ていきたく思います。

朝の表情

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
富士山の怒っている表情を見たことがありません。「白雲去来すれど、大山元不動」の通りです。朝の小川には一羽の鴨が佇み、プールサイドでは3羽が歌を歌っていました。それぞれに今日一日を、それぞれのペースでスタートさせているようです…。

4月21日(火)朝の風景

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
排水溝の周りにはハート型に桜の葉が積もっていました。山には霧が立ち込め、山の神の存在を示しているかのようです。陽の出てきた朝、鴨さんは日向ぼっこを楽しんでいました。動物たちはすべてを受け入れ、自分たちの生活を作っているように思います。

雨の月曜日

画像1 画像1
画像2 画像2
「雨の月曜日」…歌謡曲の名にありそうな感じです。環境事業センターからは白い煙が立ち上り、中庭には静かな緑がしっとり雨に濡れています。週のはじまり、スロースタートで心を落ち着かせ行きたいです。

鮮やかな色

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
17日(金)、時を確認しないと曜日が分からなくなってしまうような感覚があります。それにしても花の色の鮮やかさにひかれます。水と陽の光、自然の風だけで、これだけ美しい色を作り出せるのは、まさに神業と言えるのではないでしょうか。その時の風に身を任せ、あせらず時を過ごしたく思います。

感謝

画像1 画像1
時々、お花が自分の方を見てくれる気がします…。自分はほんの一瞬しかお花を見ていないのに…。お花の心の広さと優しさに感謝します。

おちついて進みましょう

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
ゆらゆらと揺れるチューリップ、小川に飄々と漂う鯉、群れから離れひとり佇む鴨…。自然は声なき声を人間に発しているようにも感じます。「他人や自分を責めることなく、おちついて進めばいいですよ…」と。

幾何学模様

画像1 画像1
下足箱に整然と並んだ新入生の上ばき。主の登場を静かに待ち続けています。同じ形のものが規則正しく置かれることで、きれいな幾何学模様となります。学校が再開され、生徒一人ひとりの存在が城北中学校の模様を作りはじめる時がやがて訪れるのでしょう。

感謝の心を持ちながら

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
グランドの片隅に名もなき花が美しく咲いています。鴨は「グゥェ、グゥェ」と朝の会話を楽しんでいました。日常の何気ない風景が実は奇蹟であることに気づく時かもしれません…。吾唯足知、今できることに感謝の心を持ち、ゆっくり進みたいと思います。

職員は

先生たちはここ数日休校中の課題の作成に取り組んでいます。今日はその課題を各学年や教科ごとにまとめて袋詰めしました。その合間に会議なども行い、休校明けの学校がスムーズに進むように準備しています。生徒の皆さん、待っています。
画像1 画像1 画像2 画像2

自然から学ぶ

画像1 画像1
画像2 画像2
体育館と校舎の間のコンクリートのわずかな隙間からタンポポが力強く花を咲かせています。ほとんど陽もあたらない場所です。「何かを環境のせいにしている場合ではないな…」と気持ちが引きしまりました。

お届けもの

画像1 画像1
画像2 画像2
14(火)、課題の袋詰め作業が行われました。教職員が一生懸命に準備しました。生徒のみなさんには、生活リズムを整える一助としてもらえれば幸いです。「学生の本分は勉強」とも言われます。自分のペースで取り組んでみてください。

スカイブルー

画像1 画像1
画像2 画像2
「スカイブルー」という言葉のような朝の空です。寒暖差の激しい一日となるようです。「あせらず、じっくり進めばいいですよ…」小川の鴨さんがささやいていました。4月も半ばです…。

曇天の朝

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
13日(月)、まさに「曇天」という言葉がぴったりの朝です。曇天の下でこそ色合いが映えるお花もあります。「曇天」と「晴天」どちらも同じ意味があることが分かります。人間の心模様にも、同様のことがあてはまる気がします。「心の曇天」も大切に…。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30