あせらず、のんびりいきましょう…。

校内研究全体会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
25日(火)午後、大学の先生をお招きし、職員の研修会が行われました。次々と意見が出され、笑顔の多いひとときとなりました。「自分の考えが言える」環境作りが大切であることを実感しました。研修内容が授業や会議に還元されるように日々努力していきます。

2年生美術科

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
2年生、美術科の授業風景です。「対話的で深い学び」が具現化されていました。対話とは仲間とのこともあります。先生とのこともあります。そして自分自身とのこともあるのでしょう。また作品との対話もあるのかもしれません。中学校では各教科に個性があることが授業の醍醐味といえるでしょう…。

新鮮な気持ちで

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
25日(火)、早朝より気温が上昇しています。少し動くと汗が出てきます。生徒たちはせっせと登校し、各自のペースで活動をはじめています。1,2年生だけの新チームになった部活動も多く、先輩がいない寂しさと同時に新鮮な気持ちで練習に取り組んでいるようです。

2年生技術科

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
2年生技術科では、大根の種を鉢に入れる準備をしていました。「周りの雑草を抜き、風通しをよくすることが大根の成長につながります」と指導教諭の言葉。汗を流しながらの作業そのものが一番大切であることが授業風景から分かりました。

学校生活スタート

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
朝晩には虫の音が響き、秋の気配を感じます。本日より学校生活がスタートします。例年とは異なる夏から秋への時間の流れですが、その時にできることに丁寧に取り組めればと思います。あせらず、スロースタートでいきましょう。

ホームグラウンドにて

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
ホームグラウンドでのサッカーの交流戦。ドラマの内実を支えていたのは、数本のゴールへ向けてのシュートはもちろん、会場準備や片付けであり、何より数えきれないほどの地道なパスやドリブルでありました。試合を見ていて、人生と重ね合わせ胸が熱くなりました。

スポーツ交流会3日め

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
スポーツ交流会の3日め、最終日です。小田原アリーナではカクテル光線の中でバドミントンの部が行われていました。コロナ禍の中、各校いろいろな苦労を経ての交流大会。それぞれの夏に貴重な記憶が刻まれたことは間違いないでしょう。そのことは今後の人生の糧となることでしょう…。

8月24日(月)〜31日(月)の登下校の服装について

8月24日、月曜日より授業が始まります。熱中症対策として登下校の服装につきましては8月31日まで体操着でもよいこととし、帽子の着用も可とします。なお、ご家庭での朝の検温は継続をお願いいたします。

接戦、熱戦の数々

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
白山中学校体育館ではバレー部が、アリーナではバスケット部がそれぞれ交流大会に臨んでいました。人は勝つ喜びよりも、負ける悔しさから他に対する思いやりの心を学べる時があります。大切なのはその瞬間を「やりきる」ことでしょうか…。熱戦の数々をお疲れさまです。

縁の下の力持ち

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
昨日の夕方遅くまで、本日の交流大会の会場準備が行われていました。生徒や顧問教諭は汗ダクでラインを引いたり、机や椅子の準備に取り組みました。部活動の核心はそのような時間にあるのかと思います。本日も気温の上昇が予想されますが、大会ができることへの感謝の気持ちをプレーで表現してもらえたら最高です。

交流大会の風景より

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
小田原スポーツ会館では卓球の交流大会が行われていました。選手たちは「暑いのはあたりまえ…」と言わんばかりの涼しい表情でワンプレーに集中していました。8月は誰にとっても特別な月にすることができる時なのかもしれません。

暑さに負けず

画像1 画像1
画像2 画像2
炎天の下、本校グラウンドにて女子テニスの交流大会が行われています。少し陽に当たっただけでもクラッとするほどの暑さです。日頃から鍛えている生徒たちは暑さをものともぜずボールを追っています。若いエネルギーには無限の可能性が秘められていることが分かります。

夏も後半になります!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
毎年、夏が後半にさしかかると蝉の抜け殻が壁に付きはじめます。グラウンドでは早朝よりテニスの交流会の準備が始まっていました。準備や片付けをする人がいて大会が成立しています。交流試合終了後はお互いに「ありがとうございます」の心が持てるとよいです!

感謝の心

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
「灼熱の太陽」の下、潮風の漂う湯河原中学校のグラウンドで、ひとつのボールを必死に追いかける生徒たちの姿がありました。勝敗は努力した後のおまけのようなものでしょう。今プレーできることに感謝の気持ちが持てれば、それがきっと「夏の大切な記憶」のひとつとなるはずです。

交流大会「開幕」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
スポーツ交流大会が開幕しました。大会に臨む生徒たちはもちろん、顧問の先生の姿もいつもに増して輝いていました。例年とは異なる大会だからこそ「大切にしたい何か」をつかめる気がします。大会を影で支えてくださる方々に感謝いたします。

暑さに負けず

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
グラウンドでは運動部が太陽の下で汗を流し、渡り廊下では美術部がソーシャルディスタンスを保っての活動に集中していました。真面目な生徒の姿は学校の宝ものです。日々の地道な努力こそが活動の意味となるのでしょう。

時は流れる

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
暑さ厳しき折ですが、稲は青々と成長しその穂を確実に大きくしています。一瞬感じる「夏風」がそのうちに「秋風」に変わる時が来るのでしょう。冷房の中だけに止まっては感じることができない夏の風景があります。生徒たちは一瞬の夏を汗を流しながら作り上げているようです。

仕事というもの

画像1 画像1
画像2 画像2
早朝より、浄化槽の清掃作業が行われています。気温が上昇するお昼を過ぎても作業は続きます。仕事というものは汗水流して一生懸命に取り組むものであることが分かります。中学生のみなさんには、保護者の方の苦労を理解し、感謝の心を持てる夏にしてもらいたいです。

力強い生徒たち

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
お盆休みが終わり、部活動も再開されています。いつもより短い夏休みですが、その分暑さも凝縮されているようです。「どこからそんなエネルギーが湧いてくるのか…」というほど生徒たちの活動は頼もしいです。

ボールを追って

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
一つのボールをみんなで追いかけるスポーツ。ボールが媒体となり、そこにいる人々の心をつないでくれるようです。暑さをものともせず部活動に打ち込む生徒たち。「夏の記憶」が少しずつ体にしみ込んでいくことでしょう。「ファイトです!」。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31